入居中プラン ご利用の流れ

詳しい内容はコチラ

step1 契約情報ご提出の手順

01

契約情報フォーマットを
ダウンロード

ダウンロードはこちらから
02

Excel内の利用ガイドをご確認いただき、
賃貸借契約の情報を
ご入力ください

03

利用規約に同意の上、
アップロードしてください

※Dropboxのページに進みます。Dropboxはセキュアなファイルストレージサービスです。

家主ダイレクト入居中プラン利用規約

本規約は、株式会社Casa(以下「当社」といいます)が提供する家主ダイレクト入居中プラン(以下、「本サービス」といいます)の利用およびそれに伴う事務業務等に関して、本サービスを導入される物件の賃貸人様(以下、「賃貸人」といいます)と当社との間で本サービスの利用契約の内容を定めるものです。

第1条 本規約への同意
賃貸人は、本規約の内容を理解しその内容に同意した上で、本サービスを利用するものとします。
第2条 ご契約情報の提出
賃貸人は、当社に所定の方法により賃借人の契約情報を提供するものとします。
第3条 審査
当社は、賃貸人から提供された契約情報にもとづき、賃借人の保証引受の可否を審査し、承認または否認の結果を賃貸人に通知します。
第4条 委託業務の内容
1 当社は、本サービス導入時に必要となる以下の業務を賃貸人に代わって行います。
(1)賃借人へ、次の内容を案内する書面を送付すること
・ 当社が、(従前の保証人または保証会社がいる場合はそれらに代わり)賃料等支払債務の保証人となること
・ そのための契約手続
(2)賃借人へ本サービスの契約手続に必要な以下の書面を送付および徴求すること
・ 『保証委託契約書』
・ その他、契約手続きに必要なものとして当社が指定する書面
(3)その他本サービスの利用に必要となる業務
2 当社が前項(2)の徴求を実施する期間は、各賃借人への書面の発送の日から2ヶ月以内とし、書面の送付およびSMSの送信を用いて行います。
3 承認結果の通知日から4ヶ月を経過して当社に到着した契約手続書類についての保証引受の承認は失効するものとし、当社は保証の引受けを行ないません(例えば、7月13日に承認を行った場合、11月12日以降に到着した契約手続書類に係る承認は失効します)。
4 当社は毎月前月末日時点での契約手続書類の受領状況を賃貸人へ通知します。
5 本条に定める業務の委託についての手数料、費用等は発生しません。
第5条 利用の条件
1 本サービスは、賃貸人の自主管理物件であり、かつ居住を目的とする物件の賃貸借契約のみを対象とします。
2 本申込時点において、賃借人について賃料・更新料等支払債務について不履行がある場合、本サービスは利用できません。なお、本サービスの利用申込後に判明した場合は、本サービスの利用契約は無効とします。
3 本サービスの利用については、当社所定の専用契約書などの書面を用いなければならないものとします。
4 前項までの他、本サービスに関して賃貸人は、以下各号の協力を行いまたは同意するものとします。
① 本サービスの利用に必要となる賃借人の個人情報を適切に取得すること
② ①の情報を必要な範囲で当社に提供すること
③ 当社から賃借人への送付物は賃貸人の名により行うこと
④ ②の賃借人の情報に不足がある場合に、情報の追完および訂正(そのための調査を含む)を行うこと
⑤ 当社からの保証引受の承認を通知した場合、対象となる賃借人に関し、当社以外の保証会社との保証契約がある場合は、当該契約の解約を行い、当社の保証有効期間との重複を生じさせないこと
⑥ 賃借人から本サービスについて問い合わせがあった場合に、必要な範囲で説明等の対応を行うこと
⑦ 当社の業務を円滑に遂行するために必要な情報の提供を行うこと
第6条 賃貸人の当社利用義務
賃貸人は、本サービスの対象となる賃借人が退去した後、新たに入居した賃借人(以下、「新賃借人」という)についても当社の保証サービスを利用するものとします。ただし、新賃借人の保証委託契約の申込みに対して当社が審査した結果、否認となった場合はこの限りではありません。
第7条 外部委託
当社は、賃貸人に対し事前に通知することなく、業務の全部又は一部を第三者に委託することができるものとします。この場合において、当社は委託先に対しても本規約の内容を遵守させるものとします。
第8条 損害賠償
賃貸人又は当社が本契約のいずれかの条項に違反したことにより、相手方に損害を与えたとき、その他自己の責に帰すべき事由により相手方に損害を与えたときは、速やかにその損害を賠償しなければならないものとします。ただし、当事者の責に帰すことができない事由から生じた損害、当事者の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害及び逸失利益については、賠償責任を負わないものとします。
第9条 本サービスの中止・終了
1 当社は、1ヶ月前までに賃貸人に対し、当社所定の方法で通知することにより、本サービスの提供を中止または終了することができます。
2 前項の場合、前条の定めにかかわらず、当社は賃貸人に生じた損害の賠償責任を負わないものとします。
第10条 本規約の変更及び終了
1 当社は、賃貸人に対し、当社所定の方法でその変更内容を通知することにより、本規約の内容を変更することができるものとします。
2 賃貸人は、前項による規約の変更を承諾できない場合、本サービスの解約を申し出ることができるものとし、当該通知後1ヶ月以内に賃貸人が解約の申し出をしなかった場合又は本サービスを引き続き利用した場合には、賃貸人は当該変更に同意したものとみなします。
3 賃貸人及び当社は、相手方が本規約の内容に反し、相当期間を定めて是正の勧告をしたにも関わらず、それがなされないときは、相手方に対し本サービス利用を終了する旨の意思表示をすることにより、これを終了することができるものとします。
4 前項に基づく本サービスの終了は、相手方に対する損害賠償請求を妨げないものとします。
第11条 反社会的勢力の排除
1 賃貸人及び当社は、自らが暴力団を始めとする反社会的勢力ではなく、反社会的勢力に関与もしくは利用せず、反社会的勢力と取引を行なわないことを相手方に対して表明し、保証するものとします。
2 賃貸人及び当社は、相手方が前項に違反した場合は、相手方に催告をすることなく、本サービスの提供を中止または終了することができるものとします。
第12条 管轄裁判所
賃貸人と当社は、本利用契約に関する一切の紛争(裁判所の調停手続を含む)は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。
第13条 誠実協議
本利用契約の解釈に疑義が生じた事項または定めのない事項については、双方誠実に協議して定めるものとします。
【2021年3月22日制定】

アップロードはこちらから

旧入居中プランの利用規約はこちら

よくある質問

入居者が毎月の決済手数料の支払いを嫌がりそうです。
>
現在振込みでお支払いの場合は、振込の手間や振込手数料がなくなります。
また他の保証会社をご利用の場合は、決済手数料をご負担いただいているケースもございます。
入居者の年間保証料の費用負担は利用のネックになるのでは?
>
賃料の減額や、賃貸借契約の更新料の免除等で入居者様の負担が増えないようにするオーナー様もいらっしゃいます。
入居者への説明はどうしたらよいですか?
>
入居者へCasa保証サービス加入の案内を郵送する前に、オーナー様からご説明をいただくことでご契約手続きがスムーズに進みます。
お手数ですが、事前にご説明をお願いいたします。

入居中プランを利用した
大家さんの声

保証会社をまとめたら
ラクになった

保証会社選びは仲介会社に任せていたのですが、保証内容や入金の方法が異なって把握しきれなくなっていました。
入居中の方を家主ダイレクトに変更し、新規入居も家主ダイレクトでまとめたら家賃管理がラクになりました。
40代 女性 埼玉県

オーナーチェンジを
機に利用

購入した物件は保証会社がついていなかったので、オーナーチェンジと同時に入居中の方に家主ダイレクトに加入してもらいました。
初回の費用負担が少ないプランなので入居者にも納得していただけたので良かったです。
30代 男性 東京都

管理委託をやめて
自主管理に

相続した物件でよく分からずに管理委託していましたが、自主管理と同時に家主ダイレクトに切り替えました。
Casaが入居者へ送付する書類の準備など手続き面もサポートしてもらえるので安心でした。
70代 男性 千葉県
コーポレートサイト:
https://www.casa-inc.co.jp/
会社名
株式会社Casa
代表者
代表取締役 宮地 正剛
所在地
東京都新宿区西新宿2-6-1
新宿住友ビル
資本金
15億円
上場証券取引所
東京証券取引所
市場第一部(証券コード7196)